妊活って何をするの?必要な知識や準備について知ろう。

妊活の内容と葉酸1

妊活ってなにをすればいいんだろう?

「赤ちゃんが欲しい」ともなれば始まるのが妊活。
しかし妊活といっても、何から始めればいいのかわからないという方も多いと思います。

「妊活中って基礎体温を付けたほうがいいの?」
「妊娠前から気を付けるべきことが知りたい」

など、上記のような疑問がいくつも浮かぶことでしょう。

妊活は、いわば赤ちゃんが育つ環境づくりそのもの。
大切な赤ちゃんのためにも、妊活について知っておきましょう。

妊活とは

妊活の内容と葉酸1

妊活で妊娠力をアップする工程には、以下が含まれています。

・妊娠について正しい知識を付ける
・自分の体について知る(ブライダルチェック、健康診断など)
・自然に妊娠しやすいからだづくり(栄養のある食事、運動など)
・パートナーとの協力による妊娠率アップ(タイミング、男性の体質改善など)

世の中には子供が欲しい!と思って妊活してすぐに授かる方もいますが、中には自然な妊娠が難しく治療が必要というペアもいます。
妊娠のための治療を通して子供をつくることも、妊活のうちに含まれます。

具体的にやっておきたいこと

妊娠の基礎知識の勉強

妊活の内容と葉酸2

妊娠について、正しい知識を付けることが妊活の第一歩。
意欲的に妊娠についての知識を得ようとすれば、今まで知らなかった意外な知識がどんどん出てくることでしょう。

妊活のために基本的に知っておくべきは、「女性の排卵周期」「望ましい受精のタイミング」「望ましい生活習慣・食生活」などです。

健康チェック

妊活をするなら、妊娠前の健康チェックが欠かせません。
自分の体に問題があるまま妊娠すると、母体と胎児両方の負担となってしまいます。

そのため、妊活の前に医療機関での身体検査を行ってリスク改善を行うべきでしょう。

健康診断

妊活の内容と葉酸3

お馴染みの健康診断も、1年に1回の検査が推奨されているもののなかなか行けていないという人も多いのではないでしょうか?

会社に義務付けされている人なら大丈夫ですが、長い間行けていないという人は妊活前に一度行っておくといいでしょう。

ブライダルチェック

妊活の内容と葉酸4

ブライダルチェックでは、妊娠に関わる乳がんや子宮頸がんなどの婦人科系の病気、または性感染症を検査することができます。

これらの病気に気づかず妊娠してしまうと、母子感染や妊娠中の治療、最悪の場合赤ちゃんをあきらめるケースに繋がります。
妊活を始めるならまず欠かせない診断と言えるでしょう。

妊娠しやすい環境・体づくり

妊活の内容と葉酸5

妊活が成功した後赤ちゃんをお腹の中で健康的に育てるには、母体の環境を整えてあげる必要があります。

基礎体温を記録する

妊活中は毎朝自分の基礎体温を測り、記録に残しましょう。

女性の体温は月経周期ごとに上がったり下がったりを繰り返しており、この体温の上がり下がりのタイミングで排卵日の把握、妊娠しているかの判断が簡単になります。

食習慣の改善

食習慣を妊活中から改善することも、妊娠しやすい体づくりに繋がります。

血行促進につながる食材を食べる

ニンジンや納豆、赤身魚など血行を促進できる食べ物を食べようにしましょう。
血行がよくなると、子宮内膜に血が集まって厚くなるので、受精した卵子が根付きやすくなり妊娠しやすい状態になります。

②添加物・インスタント食品を減らす

添加物の多いインスタント食品、コンビニご飯などは栄養価が低くカロリーが高いだけなので、栄養バランスを整える上では避けたい食べ物です。

③朝ごはんをしっかり食べる

朝ごはんを食べる事で、交感神経を活発にし、体を目覚めさせることができます。
もし朝ごはんを抜く生活をしていると、血糖値があがり排卵のタイミングが乱れやすくなってしまいます。

また血糖値の上昇は体調不良を招き、ホルモンバランスの崩れも招きます。

④規則正しい食事時間で食べる

毎日決まった時間に朝食、昼食、夕食を済ませることで生活のリズムを整えることができます。
生活リズムが整うと、排卵のタイミングも規則正しくなります。

⑤緑の野菜を進んで食べよう

緑黄色野菜には、葉酸という栄養が含まれているものが多いです。

この葉酸は、妊娠前から積極的に摂取していると赤ちゃんの障害・奇形リスク低減に効果的で、厚生労働省でも摂取が推奨されています。
効能が期待できるため、日本では葉酸を効率よく摂取できる葉酸サプリが販売されています。

つわりで食べられないという人は、葉酸サプリで野菜の成分を摂取するのがおすすめですよ。

妊活に重要な栄養素 葉酸

妊活の内容と葉酸6

上記で少し紹介しましたが、妊活を始めるなら積極的に葉酸の摂取を行うと良いでしょう。

葉酸は胎児の成長の初期段階で発生する、神経管閉鎖障害という障害の発生リスクを通常よりも70%も低減させてくれることが、数々の研究でわかっています。

赤ちゃんがこの神経管閉鎖障害を発症すると、二分脊椎と無脳症という疾患のどちらかになることがほとんど。

二分脊椎は生涯にわたって歩行障害、排泄障害などの後遺症になる可能性があり、無脳症だとほとんどの子が死産・流産となります。

これらの原因となるのは遺伝や妊娠中のお母さんの喫煙・飲酒などと考えられていますが、葉酸の摂取不足も一要因として考えられています。

妊活中から母体に十分な葉酸が蓄積されていることで、この疾患のリスクは極端に低減させられます。

食品からはもちろん、どうしても補えない場合はサプリなどで摂取することが可能です。

また、葉酸には造血効果もあるため着床しやすい子宮内膜を作ることができ、妊活に効果的。
この効果は、葉酸が配合されているサプリは妊活サプリと呼ばれるほどなんです。

興味がある方はぜひ、以下のランキングで色々な葉酸サプリを見てみてください。

おすすめ葉酸サプリランキング
妊娠中のお母さんと赤ちゃんの健康を支える葉酸サプリ。選ぶ際には、安全度や、配合されている栄養、価格など様々な比較ポイントがあります。このページでは、それぞれの比較ポイントを総合的に比較して、おすすめなサプリをランキングにしてみました。この総合ランキングではあらゆる面において優秀なサプリをご紹介していますので、葉酸サプリのチョイスに悩んでいる方はこのランキングをぜひ参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする