妊活のために葉酸を摂取したほうが良い理由とおすすめサプリ

妊活するなら葉酸の摂取は欠かせない!その理由とは?

赤ちゃんが生まれる前、妊活中から葉酸を飲むといいのはなぜ?

妊活・妊娠中に重要な栄養と言われる葉酸。

胎児の奇形や障害のリスクを大幅に低下させる効果があることがわかっており、妊娠した女性の摂取が推奨されています。
この効果は、厚生労働省からも摂取の重要性が呼びかけられているほど。

葉酸は、妊娠を望んだタイミングから飲むことで高い効果を発揮するため、妊活にも効果的なんです。
「むしろ妊活中から飲むべき!」と言われる理由について解説します。

妊活女性に欠かせない栄養素 葉酸

妊活には葉酸も欠かせない1

妊活中は、将来赤ちゃんをお腹の中で育てることを考えて、栄養バランスのいい食事をとり健康体でいることが重要です。

主に妊活~妊娠中に必要となる栄養は、タンパク質やビタミンBなど体づくりに必要な栄養です。

その中でも特に欠かせないのが、ビタミンB群の一種である葉酸の存在。

葉酸は代謝・造血との関わりの深いビタミンで、妊娠で赤ちゃんに栄養を送り続けるお母さんの健康、そしてお腹の中の赤ちゃんの正常な神経の形成にはたらきかけます。

神経が問題なくつくられることで、神経系が原因となる先天性障害の発症リスクを大幅に低減させられるため、妊活する女性にとっては「赤ちゃんへのプレゼント」そのもの。

この葉酸を効果的に摂取するなら、妊活の段階からたくさんの摂取が必要となるんです。

妊活中から飲むのはなぜ?

妊活には葉酸も欠かせない2

1.子宮内膜が厚くなる

葉酸には血を造る効果があり、血を増やすことで体内の血のめぐりをよくすることができます。
血液の流れが良くなると、赤ちゃんが育つ子宮内膜にもしっかりと行きわたり、厚い子宮内膜をつくることができます。

分厚い子宮内膜は、受精卵が着床しやすい環境そのもの。
そのため、妊活女性の妊娠率が上がることになるんです。

2.赤ちゃんの神経形成は妊娠に気づいた時点でほとんど終わっている

厚生労働省が妊婦さんへの葉酸摂取を推進している大きな理由は、葉酸の代謝促進効果が神経形成障害による先天性の障害や、奇形のリスクを減退させられることにあります。

しかし赤ちゃんの神経が形作られるのは、一般的に私たちが妊娠に気づく妊娠5週~6週目よりも前の段階です。

妊娠に気づいてからだと少し遅いため、あらかじめ妊娠よりも前の妊活の時点から飲み始めるのがおすすめです。

具体的にいつから採ればいい?

妊活には葉酸も欠かせない3

葉酸は。妊娠の1ヵ月前=妊活中から採ると良いと言われています。

この1ヵ月前という表現ですが、少し曖昧でわかりにくいですよね。
妊娠がわかる1ヵ月前なのか?それともパートナーと協力する日から1ヵ月前なのか?

この「1ヵ月前」の性格なタイミングについて説明している文献は残念ながら見つかりませんでしたが、おそらく妊娠が成立する日(=着床日)あら1ヵ月以上前からなのではないかと筆者は考えています。

妊娠の週数は、妊娠の前の生理の初日から数えられる特殊な数え方をしますよね。
0日目~4週の間は、赤ちゃんがまだ受精卵としてお母さんのお腹の中を彷徨って、着床を目指している時期(妊娠超初期と呼ばれます)。

この間はお母さんの摂取しているものの影響を受けないため問題はありませんが、着床が完了して子宮内で育ち始めると、影響を受け始めます。

そのため、少なくとも着床の1ヵ月前から葉酸を摂取して、いつ受精卵が着床して成長してもいい状態にしておくことがベストなのです。

厳密にいうと、少なくとも妊娠前の生理の初日よりも1週間前あたりが、着床から1ヵ月前の時期となりますが、妊活を初める日から飲みはじめれば確実です。

摂取方法はサプリがおすすめ

妊活には葉酸も欠かせない4

葉酸はホウレン草やチンゲン菜などの緑黄色野菜から摂取することができます。
ですが、たくさん食べても妊活女性の推奨摂取量640㎍を超えることは難しく、毎日の食生活が大変になってしまいます。

そのため、錠剤で手軽に摂取できる葉酸配合サプリでの摂取が人気!
毎日、負担なく必要な量の葉酸を摂取することができるのです。

一般的な葉酸サプリの葉酸配合量は、妊婦の推奨摂取量400㎍。
400㎍はサプリでカバーし、残りの240㎍は自然食品で補うとバランスよく摂取できます

妊活中におすすめの葉酸サプリ

妊活葉酸サプリmakana

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする