妊娠するなら飲んだほうがいいサプリ「葉酸サプリ」とは?

葉酸サプリとは?

妊婦におすすめ?葉酸サプリってどんなサプリ?

妊活を始めようと思って、準備したらいいものを調べていたら葉酸サプリというものを見つけた。これってどんなサプリなんだろう?

今この記事を読んでいるアナタはおそらく、「葉酸サプリは妊娠にいい」「子供の障害を予防できる」というのを小耳に挟んで気になっていることと思います。
実のところ、「葉酸サプリは妊娠と赤ちゃんにいい」という話はホントのこと。

葉酸は、厚生労働省が妊娠中の摂取を推奨している栄養素。
今では母子手帳に必要性が書かれているくらい、ママと赤ちゃんに重要なものなんです。

この葉酸を手軽に摂取できるのが葉酸サプリですが、内容についてちゃんと把握してから摂取を検討したいところ。
当ページでは、葉酸サプリについて気になっている方に役立つ、葉酸サプリの基本情報を記載したいと思います。

効果について

葉酸サプリとは?2

「赤ちゃんにいい」「妊娠にいい」それを裏付ける理由である葉酸サプリの効果とは?

葉酸サプリが妊娠に良いと言われる理由は、胎児の神経管閉鎖障害という障害の発症率を低減させられることにあります。

神経管閉鎖障害:赤ちゃんに発症する、神経管に関わる先天性疾患のひとつ。

脊髄や脳の中枢神経の大元となる「神経管」が生成されることから胎児の成長が始まりますが、その段階でつくられた神経管の一部が塞がらないことで起きる障害です。

異常が起きる部位によって起きる障害が分かれており、下部だと二分脊椎症、上部だと無脳症となります。

二分脊髄症で産まれてくると、出生後早急にオペが行われ、生涯のリハビリが必要になる可能性があります。日本での発症率は、5万人に1人と言われています。

無脳症の場合、死産や流産につながってしまいます。無脳症の発症率は二分脊椎症よりも高く、1000人に1人と言われています。

葉酸サプリとは?3

この神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるには、神経管が発達する妊娠初期の時期に組織を形成にはたらきかける葉酸を多量に摂取することが重要。

厚生省が発表している成人の1日の葉酸の推奨摂取量は200㎍。
対して妊娠予定の女性、妊娠中の女性は1日400㎍となります。

葉酸は代謝とのかかわりが深い成分。
タンパク質と核酸(DNAとRNAの総称)の結合にはたらきかけることで細胞の生成を支え、妊娠女性が飲んだ場合は胎児の体づくりを促します。

また赤血球の生成も助ける働きまであり、貧血になりがちな妊婦の強い味方になります。
このようなメリットを理由に、効率よく葉酸を摂取するためサプリを手にする妊活女性や妊婦は少なくありません。

葉酸サプリはいつからいつまで飲むの?

葉酸サプリとは?4

葉酸サプリはいつから飲むといいの?

葉酸サプリによる障害リスクの低減効果を着実なものにするのであれば、妊娠1ヵ月以上前から摂取するのが理想的。

なぜなら、神経系の疾患は妊娠4週~5週の間の胎児が活発に成長する時期に発生しやすく、その時期までに葉酸の効果を発揮するには1ヵ月~3ヵ月の期間が必要となるからです。
葉酸サプリを飲んでも、その日にすぐ代謝にはたらきかける可能性は限りなく少ないです。個人差はありますが、飲み始めてから効果が十分現れるまでは1ヵ月~3ヵ月の期間が必要なのです。

そのため、妊娠の可能性がある・妊娠が発覚したという時点で飲み始めては、胎児のリスクを低減するには遅すぎるのです。

ただ、葉酸を飲んでいないかったからといって必ず神経管閉鎖障害が発症するということにはなりません。
葉酸サプリを飲まなかった方でも、健常な赤ちゃんが産まれたという人は多いです。

ただ、これから妊娠する予定の方なのであれば、一度は検討することをおすすめします。
もしこれから妊娠を計画しているという人は、計画し始めた時点から葉酸サプリを飲み始めるのがベスト。
妊活を始めている人は、今からでも葉酸の摂取を始めましょう。

葉酸サプリはいつまで飲むの?

葉酸サプリとは?5

さて、いつから飲んでいいのかわかったなら、次に把握しておくべきは「いつまで飲むべきか」ということ。

結論から言うと、葉酸は授乳の時期まで飲み続けるのがおすすめです。

葉酸は、妊娠している間は常に必要な栄養素。
赤ちゃんの障害予防はもちろん、赤血球をつくりだす造血ビタミンとしてのはたらきもあることから、常に赤ちゃんに栄養を送り続けているお母さんの貧血や立ち眩みを予防してくれます。

また母乳がママの血液から出来ているという点も、葉酸が重要である理由のひとつです。
ただ時期によって葉酸の摂取量に違いがあるので注意が必要で、妊娠中400㎍、授乳中は340㎍が厚生省の推奨摂取量となります。

ちなみに妊活中は葉酸サプリから400㎍、食べ物から240㎍摂取したほうが好ましいと、厚生労働省が発表しています。

いろんなタイプの葉酸サプリが開発されている

葉酸サプリとは?6

さて、妊娠女性が飲むといい葉酸サプリですが、現在開発されているサプリには様々なタイプがあります。

葉酸+他成分が配合されたもの

葉酸以外に、葉酸の働きをたすける成分や、妊娠に欠かせない他の栄養を配合したサプリ。

妊娠中に不足する、葉酸をはじめとする様々な栄養を効率よく摂取することができます。
ただ上述したように、他の食品成分によるアレルギーのリスクがあるため、赤ちゃんのためにも、自分のアレルゲンチェックと配合成分の確認は綿密に。

夫婦で飲むタイプ

女性用には葉酸とその他ビタミン、男性用には亜鉛とその他ビタミンを配合するなど、男女それぞれが摂取するのに適したサプリのセットもあります。

子供に恵まれるには、夫婦での協力が必要不可欠。
夫婦で健康な赤ちゃんのために頑張れるサプリメントです。

葉酸には2種類ある

葉酸サプリとは?7

妊婦と赤ちゃんに良い効果をもたらしてくれる葉酸ですが、葉酸サプリに使われる葉酸には2種類あって、チョイスを間違えると効果が半減するので注意が必要です。

ポリグルタミン酸型と、モノグルタミン酸型という2つがあるの。

ポリグルタミン酸型(天然葉酸)

食品から自然に摂取できる葉酸。

最終的に、人間の体内の消化の過程でモノグルタミン酸型に変化しますが、その吸収率は50%まで低下。
1日に必要な葉酸が十分摂取できないということになります。

そもそも水と熱に弱いので調理の段階で栄養素が激減します。

毎日安定して摂取すべき葉酸を摂取するには、食品を調理して食べるという方法は不向きなんです。

モノグルタミン酸型(合成葉酸)

摂取する時点から吸収率をよくしようと、最初からモノグルタミン酸型に合成されている葉酸。

主に葉酸サプリなどから摂取できます。

効率よく1日に必要な葉酸が摂取できることから、厚生労働省が推奨してる葉酸がこのモノグルタミン酸型の葉酸なのです。

葉酸サプリを選ぶ時はモノグルタミン酸型葉酸を配合しているものを!

葉酸には2つの種類があることから、サプリを見るときは配合されている葉酸の種類に着目しましょう。

「自然の葉酸を配合」と謳っている葉酸サプリだと、ポリグルタミン酸型葉酸が使われており効率よく葉酸を摂取できません。

薬局で買えるの?

葉酸サプリとは?8

また、葉酸サプリが気になる人の中には「薬局に売ってないのかな?」と思う人もいるのでは?

葉酸サプリは、日本の薬局でも販売されており、意外と気軽に購入できます。

値段が安く手軽に飲めるということで、葉酸サプリ入門にちょうどいいというメリットがありますが、添加物が入っているサプリがほとんどという面も。

食品に含まれる添加物は、妊婦さんに悪影響を起こすことはまずありませんが、赤ちゃんのためにもなるべく添加物を避けてナチュラルなものを飲みたいという人もいるでしょう。

そのため、添加物のあり・なしにこだわりのある人には、薬局の葉酸サプリは向いていないかもしれません。

副作用はないの?

葉酸サプリとは?9

葉酸サプリについて、飲み始める前にもうひとつだけ心得ておかないといけないのが副作用についてです。

葉酸が含まれる葉酸サプリにおいて、葉酸が直接的な原因となって副作用が起きたという事例はあげられていません。

ただし、摂取量の限度を超える摂取やサプリ以外のサプリ含有成分が副作用を招く原因になることがあります。

過剰摂取が原因の副作用

厚生労働省の呼びかけでは、1日の推奨摂取量が0.4g(=400㎍)で、1㎎(=1000㎍)以上の摂取はするべきではないと言われています。

妊娠、授乳期などの時期に合わせて適切な摂取量を守らない飲み方をした結果、以下のような事例が起きています。

【事例①:小児喘息の発症】オーストラリアの研究機関では、妊娠後期に1日1000㎍以上の葉酸を摂取していた妊婦から生まれた子供の約11.6%~11.8%が小児喘息を発症したという指摘がある。
【事例②:葉酸過敏症】1日に900㎍~1000㎍の葉酸摂取を継続していると、蕁麻疹、発熱、かゆみ、呼吸障害などを引き起こす葉酸過敏症になる可能性が高くなる。

1日で摂取しきることが難しい栄養素を補助してくれるサプリメント。

葉酸サプリを摂取するのであれば、ママと赤ちゃん双方の健康のためにも、摂取量をきちんと守って飲む必要があるということがわかりますね。

また、葉酸サプリの摂取量が守れていても食品でも採りすぎてしまい副作用になるケースも。
食事など他の食品から摂取した葉酸と、葉酸サプリの葉酸と合わせて1000㎍の摂取になってしまうこともあるので注意が必要です。(食品:生レバー100g/800㎍~1000㎍の葉酸がある)


過剰摂取が原因の副作用

サプリに含まれる葉酸以外の自然食品にアレルギー反応が起き、副作用になることがあります。
葉酸サプリを選ぶ際は、サプリの配合成分が明確なものをを選ぶようにしましょう。

葉酸サプリでの副作用の原因のほとんどが、栄養の過度な摂取か他成分のアレルギー反応によるものです。

葉酸が十分に摂取できていればいいので、食事で十分に摂取できた時はサプリを休む、食事で補えない時やつわりで食べられない時はサプリで摂取するといった形で、上手に切り替えて飲むことが大切です。

おすすめの葉酸サプリをご紹介

葉酸サプリとは?10

妊娠中のママの健康のため、そして産まれる赤ちゃんの健やかな人生のため…
妊娠を計画している女性なら十分に体に蓄えておきたい栄養素、葉酸。

当サイトでは、効率よく葉酸を飲むことができる葉酸サプリをランキング順にご紹介しています。
どの葉酸サプリも、先輩ママたちのお墨付き。一度、家族の健やかな未来のために検討してみてはいかがでしょう。


葉酸サプリランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加