妊娠中向けのサプリを飲み続ける期間について

葉酸サプリはいつまで飲む?

妊婦の摂取が推奨されている葉酸

妊婦に必要な栄養と呼ばれる葉酸を、1日に必要な摂取量分含んでいる葉酸サプリ。
葉酸を毎日効率よく摂取したいというママに人気の健康補助食品となっています。

妊活中Aさん:今日から葉酸サプリを始めようと思うんだけど、これっていつまで飲むのが効果的なんだろう?

そんな葉酸サプリですが、飲み始めてからいつまで飲むのがママにも赤ちゃんにも一番いいの?と悩むタイミングが必ず一度はあるのでは?

神経管閉鎖障害のリスク低減、妊娠率の上昇など効果を発揮する葉酸を含む葉酸サプリ。

お母さんと赤ちゃん両方の健康のため、具体的にいつまで飲むべきかという疑問についてお答えしたいと思います。

摂取時期は妊娠前から!

葉酸サプリはいつまで飲む?2

まずは、摂取が推奨されている時期についておさらいしましょう。

まだまだ知名度の低い葉酸サプリ、妊娠がわかってから飲み始めるという人もいます。
しかしこの時期から葉酸サプリを飲んでも、赤ちゃんの神経形成時期の関係から先天性の障害を予防することが難しくなってしまいます。

そのため葉酸サプリは妊娠よりも1ヶ月以上前からの摂取がおすすめ。
まだ妊活中の女性は1日でも早く摂取したほうが、葉酸サプリの効果を十分に効果を得ることができるんです。

いつまで飲めばいいの?

葉酸サプリはいつまで飲む?3

では、飲み始めていつまで飲むのが効果的なのか?
最終的に葉酸を飲み続けていいのは、産後の授乳の時期までです。

具体的に言うと、妊娠3ヵ月後~授乳期までであれば、いつまで飲んでもOK。
これは同時に、妊娠前~妊娠3ヵ月までの摂取は必須ということにもなります。

厚生労働省でも、「受胎前から妊娠3か月まで摂取することが望ましい。」と記述されています。

文献:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/blockbetu-shiryou04.pdf

妊娠後期~授乳中まで飲んでOK

授乳の時期まで飲んでいいのはわかっても、時期ごとの影響や摂取量の調整についても把握しておきたいところですよね。

妊娠初期以降の時期の、葉酸サプリを飲んで得られる効果や影響についてまとめてみました。

妊娠中期、後期

葉酸サプリはいつまで飲む?4

妊娠5ヵ月~7ヵ月の期間を指す妊娠中期と、8ヵ月~10ヵ月を指す妊娠後期。
この期間中にも葉酸を取るべき理由はあります。

それは、お母さんの健康維持。

赤ちゃんに十分な栄養を送るお母さんの体は、常に栄養不足になってもおかしくない状態。
妊婦さんの何割かは鉄欠乏による妊婦貧血に悩まされています。

この妊婦貧血には、鉄分の欠乏の他にも造血ビタミンである葉酸の欠乏が一因になっていることもあります。

妊婦貧血では、主に体のだるさ、立ち眩み、手足の感覚異常などお母さんにも赤ちゃんにもよくない症状が引き起こされてしまいます。
このようなやっかいな貧血を招かないためにも、妊娠中期~妊娠後期にかけても葉酸サプリを使って十分な栄養補充をするべきと言えるでしょう。

妊娠中期~後期にかけても、妊娠初期と同様1日に400㎍の摂取でOKです。

産後、授乳期

葉酸サプリはいつまで飲む?5

産まれた赤ちゃんに必要なママの母乳。
この母乳、実はお母さんの血液から出来ているって知ってましたか?

え!母乳って白くない?と思うこともあるでしょう。

しかしあの真っ白な母乳は、乳房の中で赤血球のみをのぞい蓄積された血液なんです。赤血球は毛的を赤くする要因であるため、赤血球が含まれていない母乳は白い色をしているのです。

そのため、授乳の時期のお母さんに血液の生成は欠かせません。
まして貧血になってしまえば、赤ちゃんに母乳を与えることが出来なくなってしまいます。

葉酸サプリに含まれる葉酸には、造血効果があります。

授乳中も十分な葉酸を摂取し、常に血液が十分な状態にするべきなんです。

授乳中の葉酸摂取量は、妊娠時に比べ少な目に摂取することになり、1日に240㎍が適正だと厚生労働省ではすすめています。

参考文献:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/blockbetu-shiryou04.pdf

ただ、1000㎍以上の摂取は危険

葉酸サプリはいつまで飲む?6

ただ、過剰な摂取だけは禁物。
葉酸は飲めば飲むほどいいわけではなく、毎日決まった量を飲むことで妊婦の栄養バランスを整え、葉酸としての効果を発揮してくれます。

妊娠中の女性の1日の葉酸適正摂取量は400㎍。
そして限界まで飲んでもいいとされる量は、多くとも1000㎍までです。

オーストラリアの研究機関では、妊娠後期に1日1000㎍以上の葉酸摂取をしていた母親の子のうち、およそ11.6%~11.8%の子が小児喘息を発症しているというデータがあります。

この研究では、葉酸を積極的に摂取していない母親の子よりも、1.26倍も喘息発症リスクが高いことがわかっています。

この研究結果は、オーストラリアのアデレード大学、マイケル・デービス博士の論文にて発表されています。

論文(英語):https://www.adelaide.edu.au/news/news36541.html

葉酸サプリはいつまで飲む?7

要は、葉酸を推奨量よりも過剰に摂取すると子供が喘息になるリスクが1.26倍になるということが報告されているわけです。

どんな成分も過剰に摂取してしえば毒になり得ます。

厚生労働省でもサプリの表記でも1日1000㎍以上の摂取は推奨されていませんので、きちんと1日の摂取量を守れば喘息のリスクを避けられます。

毎日、飲む時期に合わせた適切な摂取量で飲むことが大切です。

食べ物と合わせてでの過剰摂取にも注意!

レバーやホウレン草など鉄分を多く含む食品とサプリを併用した時、意図せずに葉酸の摂取量が1000㎍を超えてしまうこともあります。

食事のみでその日必要な葉酸を補えたという日は、無理せず葉酸サプリを休んでもOK。
食事で採るのが難しい栄養を補うのが、健康補助食品であるサプリのそもそもの役割です。

妊婦の場合はあくまでも葉酸サプリではなく葉酸の摂取が大事なので、食べ物とサプリのバランスをうまく調節していきましょう。

まとめ

葉酸サプリはいつまで飲む?8

・授乳時期まで飲んでも大丈夫
・厚生労働省は、妊娠3ヵ月までかならず摂取すること推奨
・授乳期は摂取量が400㎍→240㎍に
・どの時期も過剰な摂取をしてはいけない

葉酸は産後の授乳の時期まで飲んでも大丈夫と解説しましたが、もちろん個人差はあります。

普段から貧血気味で、妊娠して更に血液不足になる恐れがある妊婦さんは葉酸の摂取が効果的と言えますし、普段からバランスのとれた食事生活をしている方であれば食品だけであらかた補えるでしょう。

過剰摂取が胎児に影響を及ぼすこともあり、妊娠中期~後期にかけてはとくに注意が必要で、本当に飲んでもいいのかな?不安だな…という人は医師に相談するといいです。
しっかりとお医者さんの指導を受けることができれば、これらの不安も解消されますからね。

赤ちゃんとママの健康のために役立つ葉酸サプリ。
妊娠3ヵ月以降の摂取時期については、自分の体を相談していくことが大事なのではないでしょうか?


以下のページでは、妊婦さんたちの満足度の高い葉酸サプリを一覧でご紹介しています。
葉酸サプリを飲んでみようかな?と少しでも思い始めた方は、一度でも見てみることをおすすめします!


葉酸サプリランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加