薬局でも買える妊娠中おすすめサプリ

市販の葉酸サプリが気になる!

赤ちゃんのための栄養素として、妊婦になると摂取を意識したくなる葉酸サプリ。

ところが薬局など、市販でも葉酸サプリが売られているのを見たことあるという人もいるのでは?

はじめての葉酸サプリ購入の場合、「市販の葉酸サプリでも効果があるのかな…」と悩む方は多いことでしょう。
むしろ市販の葉酸サプリを買いたい!とまで思っている人もいるかも?

このページでは、市販で買える葉酸サプリをはじめ、市販で帰る葉酸サプリと通販で買える葉酸サプリのメリット・デメリットなどを紹介していきます。


葉酸サプリを選ぶ際のポイント

市販で買うにしろ通販で買うにしろ、まずは葉酸サプリの選び方について心得ておくのがおすすめ。

葉酸サプリ選ぶ際は、以下の点にチェックして選んでいきましょう。

ビタミンB群が一緒に配合されているか

葉酸の効果は、その他のビタミンB群、特にビタミンB12と一緒に摂取することで発揮されます。

赤ちゃんの障害リスクの減少となる細胞分裂の促進や、お母さんの貧血予防となる造血効果は、葉酸とビタミンB12が組み合わさって初めて得られます。

葉酸サプリと言っても、配合成分にビタミンB12が入っていなければ効果は望めないため、よくチェックしておきましょう。

危険な添加物の有無

特に妊娠をしている妊婦さんや、妊娠を意識している女性であれば「赤ちゃんのために体に害のあるものは飲みたくない」と思うことでしょう。

葉酸サプリの中には添加物が含まれているものもあり、その添加物の中でも摂取すると良くないものがあります。

以下が、妊娠中に摂取を避けるべき添加物となります。

ショ糖脂肪酸エステル香料
胎児の染色体異常の元となり、奇形や先天性障害を招く恐れがある。

着色料(青色:1号/3号、赤色:2号/3号/102号/104号/106号)
発がん、アレルギー、不妊の原因になるリスクがある。

アセスルファムカリウムやアステルパームなどといった人工甘味料
赤ちゃんがフェルニケトン尿症になってしまうリスクがある

試験を行っているか

製品の品質にこだわっている葉酸サプリの場合、お母さんと赤ちゃんにリスクがないことを明らかにするために精神を検査や試験、認定にかけていることがあります。

葉酸サプリの検査・認定として有名なのは以下の3つ。

GMP認定
製品が安全に作られ、一定な品質で作られているということを証明するもの。

放射能濃度検査
放射能濃度を測定する検査。基準をクリアしていれば、胎児の影響の心配がない。

残留農薬試験
食品中に残留している農薬を測定。厚生労働省が設けた基準で試験を行う。

薬局などで買えるのはこちら!

以下は、市販で買える葉酸サプリの中でも代表的な3商品となります。
上記でご紹介した選び方のポイントを考慮しながら、商品の内容を見てみましょう。

mitete

葉酸サプリ:mitete

価格 1,800円(税抜)
内容量 120粒/1ヶ月分
主要配合成分 葉酸、カルシウム、酵母、ビタミンB12、鉄
1日分の主成分 葉酸400㎍,カルシウム200㎎,鉄10㎎
試験 原材料の品質試験合格

AFC社から出ている葉酸サプリで、市販でも通販でも手に入る商品です。
市販の場合、大手の百貨店、ベビーザらス、アカチャンホンポなどで購入することができます。

市販ではあるもののサポートが付いているので、安心です。

DHC葉酸サプリ

サプリ画像:DHC葉酸サプリ

価格 239円(税込)
内容量 30粒/30日分
主要配合成分 葉酸、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12
1日分の主成分 葉酸400㎍、ビタミンB12 2.5㎍
試験

市販、通販を含めた葉酸サプリの中でも一番安い葉酸サプリがDHCの葉酸サプリです。
たった239円で30日分のサプリが手に入り、1粒に1日に必要な葉酸が入っているそう。

しかし、品質チェックの試験にかけているという情報がないため、100%安全とはいえないため、ちゃんと赤ちゃんのために飲みたいという人にはおすすめではありません。

ピジョン 葉酸プラス

サプリ画像:ピジョン葉酸サプリ

価格 980円(税抜)
内容量 30粒/30日分
主要配合成分 葉酸、鉄、ビタミンB12、その他ビタミンB群
1日分の主成分 葉酸400㎍、ビタミンB12 2.5㎍
試験

ピジョン社では、様々な種類の葉酸サプリを販売しており、その中でも一番オーソドックスな葉酸サプリがこの葉酸プラスです。

葉酸はもちろん、ビタミンB群や鉄分もしっかり配合され申し分ありませんが、こちらも品質チェックの表記がないため必ず安全だとは言い切れません。

市販のサプリのメリット・デメリット

メリット

・手軽に購入できる
・値段が安い

市販の葉酸サプリは、ネットで売られている葉酸サプリに比べて手軽に安く買うことができます。

デメリット

・品質の安全性が明確ではない
・購入後のサポート、保証がない
・添加物が多い
・妊活、妊娠中の利用に向いていない

市販のデメリットとしては、品質の安全性を証明する試験にクリアしたという表記がなく本当に安全かわかないというものがあります。

また、妊娠・妊活以外にも認知症の改善、貧血予防など幅広い用途を設定して販売されているため、妊娠中や、特に妊活の目的に使うには不向きと言えます。

通販のサプリのメリット・デメリット

メリット

・高品質
・安全性が証明されている
・購入後のサポート体制が整っている
・目的別に選べる(妊娠、妊活など)
・購入プロモーションがある

通販の葉酸サプリのメリットは、市販のものに比べて品質が高く、しっかりと試験にかけられていて安全性が確かという点。

また、購入者専用のサポートセンターを設けるなど、購入後のサポートがあり安心できるものが多いです。

デメリット

・高価格
・定期便だと回数縛りがある場合がある

安全性が確かな分、市販の葉酸サプリと比べるとどうしても価格が高いと感じてしまうでしょう。

1ヶ月毎に自動で届けてくれる定期便注文であれば、割引などが適応されますが、一定期間の間買い続けないといけない(だいたい3ヵ月程度)という回数縛りがあります。

そのため、買って最初に合わないとわかってもしばらく購入しないといけないのはデメリットと言えるでしょう。

おすすめは通販のサプリ

価格は3,000円~6,000円ほどと高めになってしまいますが、葉酸サプリを買うならやはり、品質において安全性がしっかりしている通販のものがおすすめです。

参考までに、市販のサプリと通販のサプリの品質を比べてみました。

DHC葉酸 ピジョン
葉酸プラス
BABY葉酸 美的ヌーボ
商品
購入方法 市販 市販 通販 通販
価格 239円(税込) 980円(税抜) ~4,980円(税抜) ~8,640円(税抜)
容量 30粒/30日分 30粒/30日分 120粒/30日分 150粒/30日分
試験実施
添加物 配合 配合 非配合 非配合
配合成分 葉酸
ビタミンB12
葉酸
鉄分
ビタミンB12
葉酸
カルシウム
マカ
ビタミン
葉酸
カルシウム
鉄分
DHA

ご覧の通り、品質の差は歴然。

自分の体だけならともかく、赤ちゃんの健康にまで影響するのですから、お金をかけてでもちゃんと安全だと言える葉酸サプリを飲んだほうがいいのではないでしょうか?

葉酸サプリを見るならこちら

当サイトでは、通販で買えるおすすめの葉酸サプリをご紹介しています。

自分はもう市販のサプリを買う!」と決めている方も、購入前に見てみるだけでもしてみてはいかがでしょうか?

おすすめの葉酸サプリ一覧は、以下から見る事ができます!


葉酸サプリおすすめランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加