妊娠期間におすすめのサプリのメリット

葉酸サプリは妊娠中に飲むといい?

最近妊娠が発覚して、今ちょうど妊娠6週目です。母子手帳に葉酸の重要性について書かれていて、妊娠中に葉酸サプリを飲むといいと聞いたけど…実際にどういいの?

妊娠のために調べ事をしていて葉酸サプリを知った人もいれば、妊娠してから葉酸サプリのことを知るという人も多いですよね。

主に妊婦が摂取するといいと言われる葉酸を、簡単に摂取できる葉酸サプリ。
ここでは、葉酸サプリを妊娠中に摂取することで得る影響や効果、飲まなかった場合について解説したいと思います。

妊娠中に葉酸サプリがおすすめな理由

赤ちゃんの障害の予防

水溶性ビタミンB群の一種である葉酸には、細胞生成など代謝にはたらきかける特徴があります。

赤ちゃんには、受胎してから神経を形成する間この葉酸の存在が重要。
神経がつくられる時期にお母さんが十分な葉酸を摂取していると、葉酸欠乏によって神経が形成されきらなくなるというリスクを軽減できます。

結果として、無脳症や二分脊椎を招く神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させることができることから、厚生労働省は妊婦や妊娠前女性の葉酸摂取を推奨しています。

お母さんの健康

お腹にいる赤ちゃんに常に栄養を送り続けるお母さんには、妊娠していない時よりも多くの栄養摂取が必要となります。

中でも赤ちゃんに栄養を送るのに血液は重要な役割もっているため、栄養がうまく採れないと貧血になってしまうお母さんも少なくありません。

貧血には鉄分の摂取が定番ですが、実は葉酸は造血ビタミンとも呼ばれており、貧血予防におすすめの栄養素なんです。

上記の理由から、葉酸サプリは赤ちゃんだけでなく妊娠中のお母さんの健康も支えてくれるサプリとなります。

妊娠準備万端な体へ

葉酸の造血効果は、お母さんの貧血を防止するだけでなく、赤ちゃんのベッドづくりにも貢献します。

血液が豊富につくられ、体の隅々まで栄養がいきわたるようになると、子宮の中の血行促進の効果が期待できます。

赤ちゃんのベッドとも言える子宮内膜が厚くなり、柔軟な状態になれば受精卵が根付きやすくなる。葉酸サプリを飲んでいれば、いつでも赤ちゃんを迎え入れる準備ができるのです。

アメリカでのアンケート調査によれば、1日に400㎍未満の葉酸を摂取していた女性に比べ、800㎍以上の葉酸を摂取していた女性の方が妊娠率が20パーセントも高かったというデータがあります。

文献では葉酸の種類が合成なのか自然のものなのか明記されておらず*1、摂取量が正しいものなのか不明な点、また外国人による調査である点から鵜呑みに出来る情報ではありません。

ですが、妊娠前からの葉酸摂取は妊娠において重要なはたらきを担っていることがわかります。

参考文献(英語):https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4172634/

*1:自然葉酸の場合、消化の段階で必要な成分の摂取量が半減される。アンケート内での葉酸が自然葉酸であれば、800㎍=400㎍、400㎍=200㎍ということになる。

妊娠中に飲んでも本当に影響はない?

葉酸サプリに興味がある人の多くが不安を抱えるのが「本当に妊娠中に飲んでも大丈夫?」というもの。

葉酸という名前に馴染みがないことと「酸」という名称から、妊娠中に飲んでしまったら赤ちゃんに悪影響なんじゃないか…?とうっすら不安を抱えることもあるでしょう。

しかし厚生労働省の文献には、諸外国の研究結果において、妊娠3ヵ月まで1日400㎍の葉酸を毎日摂取していた妊婦は胎児の神経管閉鎖障害リスクを79%も低減させたという調査結果があるほどです。

参考文献:http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html#no1

その他の国でも障害リスクを低減させたという報告はいくつも上がっており、また摂取量を守っていた場合に、葉酸起因による副作用が起きたという事例も上がっていません。

度重なる研究、調査の結果を経て、厚生労働省は妊娠中の女性に葉酸の摂取を推奨しているわけですから、必要以上に心配しなくても大丈夫なんです。

ただ、葉酸サプリに含まれている他の成分にアレルギー反応を起こしたという事例があるため、妊娠中の摂取については、自分のアレルゲンとサプリの成分の把握が重要となってきます。

飲まなかったらどうなるのか

妊婦Aさん「妊娠してるなら飲んだ方がいいのはわかったけど、もし飲まないでいた場合はどうなるの?」

胎児の神経管閉鎖障害は100%起きる障害ではありません。
そもそも確率でいえば、1万人に5人の確立で発症する神経管閉鎖障害。

妊娠中に葉酸サプリを服用していなかったけれども、健常な子供が生まれたというお母さんももちろんいます。

そのため、葉酸サプリを妊娠中に服用しない=障害が発症する ということにはなりません。飲まなかったからといって不安になることはないでしょう。

しかし1万人に5人に起きるという確率を、さらに低減させるのが葉酸サプリの役割です。
世界にたったひとつしかない大事な赤ちゃんの命。生まれる前から、不安なことは一つでも多く取り除きたい。赤ちゃんの命のために、出来ることは全部したい。そんな気持ちが強いお母さんなら、葉酸サプリをおすすめします。

妊娠中、葉酸が欠乏する状態は避けよう

  
葉酸が足りない状態になっていると、胎児の神経管閉鎖障害のリスクはもちろん、妊娠中にお母さんが貧血になる可能性があります。

葉酸は日常的に食品から十分な量を摂取することが難しいうえ、妊娠中はつわりなどで食事すらままならないということもあるでしょう。

そんな時に、足りない葉酸を補えるのが葉酸サプリです。

赤ちゃんとお母さん、両方の健康のためにも、葉酸サプリは欠かせないものとなるでしょう。


葉酸サプリについて気になってきた…という方には、以下のページがおすすめです。
ぜひご覧ください!


葉酸サプリランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加