代謝促進成分の様々な効能をご紹介

障害リスク改善、造血作用など…葉酸の効果は様々!

葉酸という成分についてご存知ですか?

葉酸とは、主に妊娠に関わっている女性との関係が深い、自然食品から採れるビタミンの一種です。
造血効果タンパク質の生成を促す効果があるため、貧血予防、お腹の中にいる胎児の体づくりに必要だと言われています。

特に葉酸には、妊娠中に摂取することで胎児の障害発症リスクを大幅に下げる効果があり、この効果の信頼度は厚生労働省が妊婦に摂取を推奨するほど。
これも、葉酸が妊娠に関係する女性との関係が深いと言われる理由です。

さらに!葉酸には妊婦以外にも様々な効果が見込めるという話も。

ここでは、葉酸の妊娠・妊活時、そして他の場面において得られる効果をご紹介します!

葉酸とは

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、主にブロッコリーやチンゲンサイなどといった緑黄色野菜や、動物のレバーに含まれている自然成分です。

効果としては、造血効果、タンパク質生成促進効果が代表的となっています。

造血効果

ビタミンB12と一緒になると、赤血球をつくりだすことから造血ビタミンと呼ばれています。
重度の貧血の人、貧血になりやすい妊婦が摂取することが推奨されています。

タンパク質生成促進効果

葉酸には、人間の体となるタンパク質の生成に欠かせないDNAと核酸の結び付けをおこなう役割があります。

体内の葉酸が足りなくなり、結合するはたらきがなくなると体づくりがおろそかに。
特に体づくりが始まるばかりの胎児の体で葉酸が不足すると、体の重要な器官が正常に作り出されなくなるリスクがあります。

葉酸と胎児の関係については、後述していきます。

一般的な女性が得られる効果

2015年度版の「日本人の食事摂取基準」によると、18歳以上の男女は1日に240㎍の葉酸を摂取することを推奨されています。

上述したように葉酸には体づくりや造血を促進する効果があり、健康的な体づくりと代謝サイクルに必要だと考えられていることが理由です。

妊娠もしていない一般的な方が葉酸を摂取すれば、代謝促進効果により組織の生まれ変わりが促され、健康的な体になれるかも。

妊娠中に得られる効能

妊娠中の妊婦が葉酸を摂取して得られる効果は、以下の通り。

胎児の先天性障害の発症リスク軽減

葉酸の効果として一番有名なのが、お腹にいる赤ちゃんの先天性障害発症率を下げるという効果。

これは、葉酸によってDNAと核酸が合成されタンパク質となり、しっかりと赤ちゃんの体づくりを支えてくれるために得られる効果です。

もし葉酸が欠乏している状態で体づくりが進むと、神経が未発達となり起こる神経管閉鎖障害や、脳が十分に育たない無能症という障害になる可能性があります。

これらの障害を事前に予防する効果が、葉酸にはあります。

日本の厚生労働省の文献にも葉酸摂取推進の重要性や、効果を示す研究結果の情報が正式に記載されています。

我が国における葉酸摂取による神経管閉鎖障害の発症リスク低減の効果については、現時点では、明確な疫学的根拠が確立されている訳ではないが、以下の理由から、我が国においても、諸外国と同様に、葉酸摂取による神経管閉鎖障害の発症リスクの低減のための方策を講じることが適切である。

ア 諸外国で行われた複数のいわゆる栄養補助食品を用いた疫学研究の結果において、 葉酸が神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するというほぼ一致した成績が得られているということ。

引用元:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

妊婦貧血の予防

また、葉酸は胎児だけではなく妊婦にも効果をもたらしてくれます。
いったい何に効果があるのかというと、妊婦の貧血予防の効果です。

妊娠中、お腹の赤ちゃんに栄養を運ぶためにお母さんの体の血液が必要となります。
妊娠したからといって体内の造血量が増えるわけではないので、お母さんは貧血になりやすくなるのです

そこで、造血効果のある葉酸を摂取することで貧血を緩和させることができます。

産後の母乳づくり

赤ちゃんが飲む母乳は、お母さんの血液でできているということを知っていましたか?
え!母乳は白いよ!?と思う方もいると思いますが、母乳は血液を赤くしている成分を含め余分な成分を取り除いて出来たもの。そのため、色が白いのです。

上記により、産後もお乳を出すためには葉酸を飲んで造血効果を得るのが大事ということになります!

妊娠したい人にもうってつけ!

妊娠している人へ効果をもたらすことはもちろん、妊娠したいという気持ちを持つ妊活中の女性にも葉酸は効果的です。

葉酸の造血効果には、子宮内膜を厚くする効果があり、受精卵の着床率をぐっとアップさせてくれます

また、障害予防のための葉酸は妊娠前から飲むことが望ましいため、妊活の段階から飲みはじめるのが一番なのです。

実は美肌まで生み出す成分だった?

葉酸は、タンパク質をつくることを促進するため人間の代謝との関わりが深い成分です。

そのため、葉酸を摂取すると肌の生まれ変わりを促すため美肌効果が得られると言われています。
立ち眩みや貧血を防止する上、さらに美肌効果まで促す万能成分なのです。

更年期障害の緩和

また、葉酸には更年期障害の症状を緩和する効果もあると言われています。

更年期障害は、加齢により女性ホルモンの分泌が少なくなることで、自律神経のコントロールが効かなくなり様々な体調不良を起こします。

具体的な症状としては、イライラする、のぼせる、眠れない、動悸がするなど人によってさまざま。

その症状の中に血行不良もあります。

葉酸には造血効果があるため、この血行不良を改善して体調不良を緩和する効果があります。
具体的には、関節痛の改善、貧血予防、動脈硬化予防、代謝向上などが期待できます。

効果を実感するなら葉酸サプリがおすすめ

葉酸は、日常的な食事から必要な量を摂取することが難しい成分です。
緑黄色野菜に含まれていますが、熱に弱く水に溶けやすいという特性があるため、調理段階でその含有量が落ちてしまいます。

さらに、消化の段階でさらに半分に減るのです。

また体内に残る蓄積性も低く、毎日継続して摂取することがとても大事です。
厚生労働省が推奨している1日の摂取量は、400㎍

これは生のブロッコリー12房を食べないと得られない量の葉酸です。

ブロッコリーを12房食べずに、楽に葉酸を摂取できる方法があればいいと思いますよね。

このニーズを満たしているのが、葉酸を含んだ葉酸サプリです。
葉酸サプリには、効果が得られる状態の葉酸が十分含まれています。

吐き気を起こしやすい妊婦さんにも飲みやすいサプリもあり、その他種類も様々!
美容成分を含んだものまであるため、自分の得たい効果をもとに葉酸サプリを選ぶことができます。

以下では、当サイトがおすすめしている葉酸サプリをランキング形式でご紹介しています。

葉酸サプリに興味がある!という方はぜひ参考にしてください。


葉酸サプリランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加